『みんなが欲しかった! FPの教科書 3級』のレビュー

少し前に「資格に興味がなくても生活の知恵として読むと勉強になる」ということで『FPの教科書 3級』を読みました。
内容が非常に面白く、なんとなくしか知らなかった税金や年金、保険のことが理解できたのでレビューします。

ちなみに、迷っている人は確実に買いです。

FPとは

ファイナンシャルプランナーのことです。
wikipediaでは↓のように記されています。

ファイナンシャル・プランナー(Financial Planner)は、顧客である個人から、収支・負債・家族構成・資産状況などのソース提供を受け、それを基に住居・教育・老後など将来のライフプランニングに即した資金計画やアドバイスを行う職業・職種、およびその職に就く者。略してFP(エフピー)とも呼ばれる。
出典元:ファイナンシャル・プランナー – Wikipedia

簡単に言えば、人生設計を提案してくれる人ってことですかね。

本の概要

ライフプランニングと資金計画

ライフデザイン(1人で優雅に暮らしたい、結婚して子供が2人ほしいなど)に応じて人生設計を立てるライフプランニングを行うための、基本的な内容が記されています。
ライフプランを実践するための資金繰りの種類や社会保険、公的年金や税金の概要などが書かれているので、このチャプターを読むだけでも理解した気分になれます。

リスクマネジメント

人生のリスクに対しての対抗手段、つまりは保険に関して書かれています。
生命保険、損害保険、第三分野の保険と自分が入っている保険や入らなきゃいけない保険がしれます。

金融資産運用

金融と経済に関しての内容が書かれています。
債権や株式、投資信託などサラリーマンITエンジニアには無縁だった私にはいい入門の内容です。

タックスプランニング

タックス、つまり税金に関しての内容が書かれてます。
所得税や住民税、確定申告など特に数値に関して多くの内容が書かれています。

不動産

不動産の内容です。(そのままですが・・・)
賃貸契約するさいの決まりごとや、不動産を持つことでかかる税金のことが書かれています。

相続・事業継承

遺言や贈与税に関しての内容が書かれています。
人によってはあまり関係ない内容かもしれませんが、将来に向けて必要な内容です。

まとめ

これまでなんとなくしか理解できていなかった税金や保険に関して、簡単で理解しやすい本になっています。
適度に挿絵があったり、各項目の最後にある問題で復習ができたり試験で出やすいポイントが記載されたりと、読みやすい+復習にも使えます。
私のレビュー文章は下手(笑)ですが、ちょっとでも興味がある人はぜひ買ってください。
何も知らなかった社会の仕組みが知れるいい機会だと思います。